連合の神津里季生会長と会談後、取材に応じる民進党の枝野代表代行=2日午前、東京都千代田区

 民進党の枝野幸男代表代行は2日、新党を結成する方針を固めた。同日午後に発表する。関係者が明らかにした。長妻昭選対委員長、赤松広隆元衆院副議長、近藤昭一副代表らが参加を検討している。一方、小池百合子東京都知事が率いる新党「希望の党」は、民進党との「合流」に伴う衆院選への候補擁立に向け、詰めの調整に入った。希望は2日中にも第1次公認を発表する予定だったが、民進党との調整が難航し、3日にずれ込む見通しとなった。

 安倍晋三首相の突然の衆院解散表明を受けた総選挙は、政権批判票の受け皿づくりを目指す野党の対応がまとまらず、混迷が深まっている。

 関係者によると、枝野氏は「希望に参加できない前衆院議員と共に戦える党が必要だと判断した」という。枝野氏は連合本部で神津里季生(こうづりきお)会長と会談。その後、記者団に「現状を説明し、私の考えている方向性を話した」と述べた。

 民進党出身者の公認を巡っては、小池氏が安全保障政策や憲法観で絞り込む考えを表明。枝野氏らリベラル系の民進党出身者は、小池氏の「排除の論理」に反発し、新党結成を検討していた。

 これに関し、希望の党の若狭勝前衆院議員、民進党の玄葉光一郎総合選挙対策本部長代行は国会内で会談し、候補者調整を巡って協議した。

 民進党執行部は、希望への合流を望む前衆院議員らに対し、2日午後までに意思表明するよう連絡。関係者によると、複数のリベラル系前議員は連絡の対象外となっている。

 民進党の前原誠司代表は枝野氏と1日に会談し、党出身者の公認を巡る状況を説明した。枝野氏は「何人かに相談、報告する」と述べていた。【共同】

このエントリーをはてなブックマークに追加