ホッケー少年男子1回戦・佐賀-北海道 果敢に攻め込む伊万里商の川原大和(中央)=愛媛県の松前町ホッケー公園

■「もっと点取れた」

 ホッケー少年男子1回戦に臨んだ伊万里商は、北海道に8-5で勝利し、準々決勝に駒を進めた。乱打戦を制した格好の古川裕大主将は「もっと点を取れたし、失点も防げた」。試合運びに不満をのぞかせた。

 川原大和ら攻撃陣の突破力で前半を4-1で折り返した。後半は開始5分すぎに、立て続けに失点。「DFがうまく機能しなかった。悪い連鎖が続いた」と仙名洋一監督。その後、追加点を奪うも、終了間際に2失点するなど守備に課題が残った。

 次はベスト4をかけた強豪福井との対戦。「初戦の悪かったところをしっかりと見直し、自分たちの力を出し切りたい」。古川は気持ちを切り替えた。

 ▽少年男子1回戦

佐賀(伊万里商高)

8 4―1

  4―4 5

北海道(北海学園札幌高)

このエントリーをはてなブックマークに追加