プランターに花の苗を植える大山小の3年生=有田町の岳の棚田館

 日本の棚田百選に選ばれた有田町の「岳の棚田」で9月27日、大山小の3年生37人が花の苗をプランターに植えた。15日から始まる「棚田Tシャツアート展」(22日まで)の会場を飾る。

 子どもたちはアート展を主催する住民グループ「岳の棚田環境保全協議会」が用意したプランターに土を入れ、パンジーやナデシコなどから8個ずつ苗を植えた=写真。作業の前には、同協議会の田代美由紀さんが、子どもたちに棚田の歴史などを紹介し「展示を見に来た人に、有田はいい所と思ってもらうために手伝って」と呼び掛けた。

 アート展は全国から募集したさまざまなデザインのTシャツ150枚を飾るほか、稲刈り体験(15日午前10時~、先着20人)や採れ立ての野菜の販売などがある。申し込み問い合わせは岳の棚田環境保全協議会。

このエントリーをはてなブックマークに追加