郷土料理を楽しみながら焼き物の魅力を語り合う参加者=有田町

 自分の盃(さかずき)=吾盃(わがはい)を持ち歩き、酒や料理を楽しみながら器への関心を広げる「吾盃ハ○○デアル」を、有田町の住民グループが開いている。参加者は盃を片手に、器談義に花を咲かせていた。

 メンバーの一人が東京での飲み会で、数種類の盃を持ち込んだところ、居合わせた人が興味を持って器を選び始めた経験から「産地に住む人からPRしよう」と企画した。

 この日は町内の女性グループが有田の伝統料理を披露した。暑気払いで飲まれる焼酎に氷砂糖を溶かした食前酒でスタートした参加者は、タラと昆布とゴボウの煮物などが並ぶ中、町内の酒造メーカーが提供した日本酒で盃を満たしていた。呼び掛けた樺島康正さんは「自分の盃を自慢することで、多彩な有田焼の奥深い魅力を伝えたい」と話した。

このエントリーをはてなブックマークに追加