人気を集めたミニSL乗車体験=佐賀市のJR佐賀駅

次の列車の発車時刻などを案内する参加者(手前右)=佐賀市のJR佐賀駅

パソコンを使った切符の発券を体験する子どもたち=佐賀市のJR佐賀駅

佐賀市 10月14日の「鉄道の日」にちなんだイベントが1日、佐賀市のJR佐賀駅であった。切符発券などの駅員体験やミニSL試乗会、シミュレーターによる運転体験などがあり、鉄道ファンや家族連れが多彩な催しを楽しんだ。

 初めて開催した駅員体験に参加した子どもたちは、実際の放送設備を使って次の列車の発車時刻などをアナウンス。パソコンを使った切符発券体験では、入力した到着駅が印字された切符を手に「すごい」と驚いていた。

 鉄道の模型作りが好きで、弟と参加した佐賀市の小学3年生松尾颯真君(9)は「駅員さんの仕事や鉄道の仕組みが分かって面白かった」と話していた。

 運転士の制服を着用しての記念撮影や、線路の検査に使うアルミカートの乗車体験、JR九州吹奏楽団のコンサートなどもあった。

このエントリーをはてなブックマークに追加