子どもの育成支援などに取り組む一般財団法人「九電みらい財団」(福岡市)は2017年度の助成団体を募集している。子どもや子育て世帯の支援活動を行う九州の非営利団体が対象で、約20団体に1団体当たり100万円を上限に補助する。

 同財団は環境活動や次世代育成支援を目的に、九州電力が5月に創設した。助成対象は子どもの社会性や協調性、規範意識を育む体験や共働きなどで孤立しがちな子育て世帯を支援する活動で、来年1月15日まで応募を受け付ける(当日消印有効)。

 16年度は67件の応募があり、有識者などでつくる選考委員会の審査を通過した20団体に総額約1340万円を助成した。17年度は来年3月末ごろに対象を選び、文書で通知する。

 応募用紙は同財団ホームページからダウンロードでき、事業計画書や収支予算書、前年度の収支報告書などを添えて郵送で申し込む。問い合わせは同財団、電話092(982)4627。

このエントリーをはてなブックマークに追加