今年4月に白石町役場に入り、住民課に配属になりました。間もなく消防団を担当している先輩の役場職員から誘われて入団しました。迷いはまったくありませんでした。本部は各分団を統率する立場にあります。全員が役場職員のため、日ごろから顔を合わせるので仲も良く、団結力があると思います。

 入団式や初任科訓練などに参加し、放水訓練でホースの筒先も持たせてもらいました。入団から2カ月後の6月に初めて火災現場へ。役場で仕事中に庁内放送で出動要請があり、本部の団員が一斉に現場に向かったことが強く印象に残っています。

消防団は、1つの目標に向かっていろいろな活動をしていくので達成感を得られます。まだ入ったばかりで何も分からない状態ですが、地域のためにという思いを持って頑張っています。将来的には、リーダー的な立場で活動を統率できるようになりたいです。大学時代に剣道をしていたので、体力には自信があります。同世代のみなさんも消防団に入って一緒に地域のために頑張りましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加