事務所開きで、詰め掛けた450人の支持者とともに気勢を上げる古川氏(右から2人目)=武雄市武雄町

 衆院選佐賀2区に立候補予定の自民前職古川康氏(59)の事務所開きが30日、武雄市武雄町であった。約450人が詰め掛け、議席死守へ気勢を上げた。

 宮島清一後援会長が「2期目の選挙は大切。皆さんの力で当選を」とあいさつ。県選出参院議員や市町の首長らが次々に支援を求めた。病床の妻こさとさんに代わり、3女ゆりえさん(22)も支援を呼び掛けた。

 古川氏は「地方の声を届け、実行していくのが私の仕事。皆さんの力で続けさせていただきたい」と訴えた。

このエントリーをはてなブックマークに追加