第141回九州地区高校野球佐賀大会第10日は30日、佐賀市のみどりの森県営球場で準決勝2試合があり、伊万里と佐賀学園が勝ち、来春の選抜大会につながる九州大会出場を決めた。伊万里は1950年以来135季ぶり2度目、佐賀学園は6季ぶり14度目の出場となる。

 伊万里は2-1で多久との接戦を制し、佐賀学園は鳥栖に9-8でサヨナラ勝ちした。最終日は1日午後1時から、同球場で決勝を行う。

 多久は先発七浦が粘り強く投げたが、打線が援護できなかった。

このエントリーをはてなブックマークに追加