壁に展示された各家庭でのエコ活動の様子=佐賀市の金立小学校

運動会で行われたゴミを分別する競技「エコレンジャー」=佐賀市の金立小学校

 佐賀市金立町の千布幼稚園(原いく子園長)は、今年の保育テーマを「『環境』~僕らにできること~」として、環境保護教育に力を入れている。30日に開いた運動会でもエコをテーマにした競技を行った。

 園児が地域でゴミ拾いを行い、節電やゴミ分別の指導などを行うことで、保護者も巻き込んだエコ活動に取り組んでいる。

 金立小学校体育館で開催した運動会では、ゴミを分別する徒競走「エコレンジャー参上」などエコにまつわる競技を行ったほか、壁には「使わないコンセントは抜きます」「エコバッグを持って行きます」など園児が各家庭で取り組んでいる内容が掲示された。

 原園長は、九州電力佐賀支社と佐賀新聞社が主催する「わが家のエコ自慢コンテスト2017」についても、「小学生対象だが、記念に(コンテストに)送ってみたい」と話していた。

このエントリーをはてなブックマークに追加