子供たちと一緒に、アジサイの苗木に土をかぶせる峰市長(右奥)と内田社長(左奥)=唐津市七山の大白木グランド

唐津市七 山 佐賀トヨペット(佐賀市、内田健社長)とトヨタ自動車が30日、唐津市の七山地区にアジサイや桜の苗木335本を贈った。2社が環境保全のために取り組む「ふれあいグリーンキャンペーン」の一環で、地域の子どもたちと一緒に植樹した。

 寄贈式には、地域住民ら約20人が参加。内田社長と峰達郎市長が、地域の子どもたちと苗木に土をかぶせた。七山小中学校の坂本琉空(るうく)さん(14)と中村明日香(あすか)さん(8)が同社に「大切に育てて、一緒に成長したい。アジサイが花を咲かせるころ、また遊びに来て」と感謝状を贈った。

 活動は1976年に始まり、今年で42回目。これまで植えた苗木は全国で約40万本に上り、佐賀県には約3700本を寄贈している。内田社長は「これからも環境や社会に貢献する方法を探していく」と話した。

      

このエントリーをはてなブックマークに追加