サッカー・J1サガン鳥栖は15日、今季途中に鹿島から加入したDF青木剛(34)と来季へ契約を更新したと発表した。

 青木は今年6月に鹿島から完全移籍。リーグ戦8試合で終盤に出場し、守備を締めるクローザーの役割を果たした。

 青木はクラブを通じ、「来シーズン、サガン鳥栖のために自分ができること、やるべきことを全うして、エネルギーを注ぎ、貢献したい」とコメントしている。

このエントリーをはてなブックマークに追加