今季限りでチームを去る金民友(キム・ミヌ)が、最後の全体練習の紅白戦で、サプライズのゴールパフォーマンスを披露。今季限りで現役を引退するDF小林久晃とDF磯崎敬太に、感謝の気持ちを示した。

 ゴールを決めて走りながら着ていたジャージを脱ぐと、下に仕込んでいた小林と磯崎のユニホームをアピールした。思いがけない演出に同じチームの磯崎だけでなく、相手方の小林もゴールを祝福。金民友は「してやったり」の笑顔を見せた。

 ところがこの後、金民友自身にもサプライズが。ゴールしたDFキム・ミンヒョクが、同じように上着の下に仕込んでいた“兄貴分”金民友のユニホームをアピールして見せたのだ。ホーム最終戦で金民友が見せた、背中の10番を指さすパフォーマンス付きで。

 「(ミンヒョクに)まねすんなって言いました」と金民友。恥ずかしそうだったが、内心うれしそうだった。最後まで仲間思いで、仲間からも愛された主将だった。

このエントリーをはてなブックマークに追加