安倍晋三首相(自民党総裁)は9日、山形県内で街頭演説し、環太平洋連携協定(TPP)の早期発効をにらみ、海外への輸出拡大に打って出る「攻めの農業」を推進する考えを強調した。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加