九州新幹線長崎ルートについて見解を述べJR九州の青柳俊彦社長=福岡市のJR九州本社

 九州新幹線長崎ルートの整備方針を決める与党プロジェクトチーム検討委員会がフリーゲージトレイン(FGT、軌間可変電車)の導入を前提とする現行計画を見直し、全線フル規格化やミニ新幹線を含めて議論を始めたことに、JR九州の青柳俊彦社長は28日の会見で「国からそうした説明や指示はなく今の段階ではなんとも言えない」と動向を見守る方針を示した。

 国が、それぞれの投資効果や費用の検討結果を年度内に報告することには「スムーズに行かず結論までは出ないかもしれない。ただ、一定の方向付けが年度末に出ることを期待している」と言及した。

 ミニ新幹線については「整備経験がないのでこれから勉強していくが、列車を止めて整備するのが現実的だろうか。博多-佐賀の特急本数を示すなどして説明したい」と改めて懸念を示した。フル規格の検討では、佐賀空港を通す案も含めたルートの議論を示唆した与党検討委員長の考えに対し、「私たちは国が造る整備新幹線を運用するのが使命。ルートについては申し上げる立場にない」と述べるにとどめた。

このエントリーをはてなブックマークに追加