杵藤版 探鳥日記  トビ

  トンビと呼ばれますが、正式には「トビ」といいます。晴れた天気のいい日に飛びながら「ピーヨロロロロ」と鳴く姿を見たことがある方も多いのではないでしょうか?

 猛禽類(もうきんるい)なのですが、生きた獲物はほとんど、というか全く捕まえることはありません。雑食性で専ら死んだ魚などを食べています。カラス類と食性が似ているため、よくカラスたちと争いになりますが必ず負けてしまいます。

 トビは飛んでいる姿を見ることが多く、あまり近くで観察できる機会はありませんが、猛禽類にしてはかわいい優しい顔をしています。ちょっとタヌキに似ている気がします。(日本野鳥の会佐賀県支部事務局長・中村さやか)

このエントリーをはてなブックマークに追加