時代背景を説明するパネルとともに展示された古写真=佐賀市柳町の旧古賀家

大正6年ごろに神野御茶屋前で撮られたとみられる写真(提供写真、個人所蔵)

 佐賀市柳町の旧古賀家で、明治期に活躍した佐賀の実業家たちの功績をひもとく写真展が開かれている。大正5、6年ごろに県会議事堂の前で撮った写真など、古賀家を中心に深川家や伊丹家にまつわる明治・大正期の写真約50点を並べる。9日まで。

 大正4、5年ごろに県会議事堂前で撮られた写真や大正6年に古賀銀行柳川支店が完成した際の記念写真など、初公開の写真も含まれる。大正6年ごろに神野御茶屋前で撮られたとみられる写真には、深川忠次や宮島傳兵衛、高取伊好ら当時佐賀で活躍した実業家らが顔をそろえる。

 NPOみなくるSAGAの本間雄治さん(68)は「佐賀藩の三重津海軍所や精煉方でまかれた種が明治・大正期の佐賀で花開いた様子をぜひ見てほしい」と話していた。

 【写真】時代背景を説明するパネルとともに展示された古写真=佐賀市柳町の旧古賀家

 【写真】大正6年ごろに神野御茶屋前で撮られたとみられる写真(提供写真、個人所蔵)

このエントリーをはてなブックマークに追加