ニセ電話詐欺被害の未然防止で坂本俊明唐津署長から感謝状を贈られた盛田美香さん(中央)と前田このみさん=唐津署

 唐津署(坂本俊明署長)は26日、ニセ電話詐欺被害を未然に防いだとして、唐津市内の唐津坊主町郵便局の盛田美香さん(45)=同市七山、徳須恵郵便局の前田このみさん(32)=伊万里市二里町=の郵便局員2人に署長感謝状を贈った。

 盛田さんは8月4日、ATMに並ぶ客から「前の女性が携帯電話で話しながら操作している」と知らされた。直前に別の用件で窓口を訪ねていた50代女性で「市役所から医療費の還付がある」と聞き、送金先を確認すると、遠方の金融機関だったため詐欺と疑った。

 前田さんは8月16日、窓口で200万円を引き出そうとした80代女性に理由を尋ねた。「息子から電話で、会社の関係でお金が必要と言われた」と聞き、携帯電話ではなく、自宅の電話にかかってきたことも不自然に感じたという。

 ともに窓口を訪ねる顔見知りの被害を防ぎ、2人は「日々のお客さんとの会話が大事」と話していた。

 【写真】ニセ電話詐欺被害の未然防止で坂本俊明唐津署長から感謝状を贈られた盛田美香さん(中央)と前田このみさん=唐津署

このエントリーをはてなブックマークに追加