ひたむきさに磨きをかける鬼塚中サッカー部

 前チームは地区大会で準優勝し、県大会に出場した。3年生12人が引退し、2年生4人、1年生9人で新たなスタートを切った。

 目指すのはあきらめずに体を張る”戦う”サッカー。「無理だと思うようなところでも追いかければ、相手がミスし、チャンスが生まれる」と顧問の上野陽平教諭(27)。練習ではボール拾いやボール出しのような待ち時間をなくし、ボールに触りながら体力強化につながる内容を心がけている。

 来年3月まで学校のグラウンドが改修で使えず、近くの広場を借りる。井上恵伸主将は「できることは限られるけど、そこでしかできないことを磨きたい」。今は負けが多いが、先輩たちを超えられるようにひたむきにボールを追う。

このエントリーをはてなブックマークに追加