ファンクアレンジの「ヘイ・ジュード」などを聞かせ、観客も自然と手を打ったロビーコンサート=武雄センチュリーホテル

 武雄市で「温泉deビートルズ音楽祭2017」が始まり、夜の温泉街や旅館のロビーにジャズやアコースティックのしっとりとしたビートルズが流れている。30日と10月1日の野外ライブを含め、県内外の約40のバンドがそれぞれのビートルズを歌う。

 音楽好きの市民有志が2011年から始めた。今年は24日のスタジオライブで開幕。25日から5日間は、国重要文化財の武雄温泉新館前や旅館やホテルのロビーで夜のコンサートを開いている。

 26日夜は武雄センチュリーホテルで佐世保市のジャズバンド「R.I.Z.」がミニライブ。おなじみのジャズナンバーに加え、ファンクアレンジした「ヘイ・ジュード」を聞かせると、観衆は自然と手を打ち、すてきな一夜を楽しんだ。

 28日は旅館・春慶屋、29日は旅館・京都屋で午後7時からロビーコンサート、30日と1日は武雄町の保養村のステージで正午から野外ライブがある。問い合わせは実行委員会、電話0954(22)4656。

このエントリーをはてなブックマークに追加