有明海のノリ養殖シーズンを前に、佐賀県有明海漁協は27日、農業用水の分散放流などを求める陳情書を佐賀市に提出した。

 徳永重昭組合長らが市役所を訪れ、秀島敏行市長に手渡した。ノリ採苗、育苗期に農業用水路、クリークの落水が集中しないよう、計画的分散放流を要望した。このほか、ごみなどの流出防止も求めている。

 秀島市長は「市も漁業者と気持ちを同じくしたい」と語り、配慮する考えを伝えた。

このエントリーをはてなブックマークに追加