JR九州が来年3月4日に実施するダイヤ改正で、長崎線を運行する特急「かもめ」の上り2本が増発される。佐賀-博多駅間の輸送力強化などを盛り込んだ佐賀県との包括連携協定の一環で、博多発佐賀行き特急の下り1本も長崎まで運行を延長する。

 増発するのは午前7時38分の佐賀発博多・吉塚行きと、午後7時56分の長崎発博多行き。午前7時台に佐賀駅で利用できる上り特急は4本から5本に、午後9時台は1本から2本に増える。

 長崎まで運行を延長する特急は、午後7時15分博多駅発の「かもめ45号」。県内では新たに同8時9分に肥前山口駅、同8時20分に肥前鹿島駅に停車する。

このエントリーをはてなブックマークに追加