九州電力の瓜生道明社長は佐賀新聞社のインタビューに応じ、運転開始から35年を経過した玄海原発2号機(東松浦郡玄海町)の存廃について、「事業者としては動かしたい」と述べ、40年超の運転延長も視野に検討…

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加