総務省は1日付で、2017年中に任期満了を迎える地方自治体の首長と議員の調査結果(16年11月1日現在)を発表した。首長は9県知事のほか、9の政令指定都市を含む243市区長と248町村長、地方議員は東京都と326市区町村で任期切れとなる。

 県知事選は1月5日告示の山形(投開票1月22日、任期満了2月13日)が最初となる見通しで、岐阜(投開票1月29日、任期満了2月5日)、千葉(投開票3月26日、任期満了4月4日)、秋田(投開票4月9日、任期満了4月19日)と続く。静岡(任期満了7月4日、以下同)、兵庫(7月31日)、茨城(9月25日)、宮城(11月20日)、広島(11月28日)の投開票日は未定。

 東京都議(7月22日)も決まっていない。

 政令指定都市では名古屋、さいたま、千葉、仙台、横浜、堺、岡山、川崎、神戸の9市長が任期満了となるが、いずれも投開票日は未定だ。【共同】

このエントリーをはてなブックマークに追加