佐賀大学に合格し、アメフット部員に胴上げで祝福される受験生=佐賀市の佐賀大本庄キャンパス

 佐賀大学前期日程入試の合格発表が7日、佐賀市の佐賀大学本庄キャンパスであった。6学部882人の合格者番号が張り出され、待ちわびた春が訪れた受験生と家族の歓声が沸いた。

 受験生が見守る中、午前10時、美術館前にパネルが掲示された。合格者は早速家族に電話で報告し、友人と抱き合ったりスマートフォンで自身の番号を撮影したりして喜びに浸った。

 前期日程は6学部で1805人が受験し、倍率は前年を0・4ポイント下回る2・0倍だった。理工学部に合格した佐賀市の高校3年生、中田圭亮さん(18)は「受験勉強が終わったという安堵(あんど)感でいっぱい。勉強もサークル活動も頑張りたい」と新生活に期待した。経済学部に入学する福岡県久留米市の女子生徒(18)は「佐賀県が好きで、絶対に佐賀大学で学びたかった」と歓喜の涙を浮かべた。

 後期日程入試は12日(医学部は13日まで)で、22日に合格発表がある。入学式は4月4日。

このエントリーをはてなブックマークに追加