試験問題を受け取る受験生たち=佐賀市の佐賀西高

◆全日制5062人、定時制69人

 佐賀県立高校の一般選抜試験が7日、始まり、全日制36校で5062人、定時制6校で69人が受験した。初日は国語、理科、英語の3教科。志望校合格を目指して問題に向かった。

 佐賀市の佐賀西高では募集人員224人に対し、279人が挑んだ。受験生たちは緊張した様子で教室に入り、最初の試験科目となる国語の問題用紙を受け取っていた。

 特色選抜試験合格者などを除いた一般選抜試験の募集人員は全日制が4510人で、実質倍率は1・12倍。定時制は280人で、実質倍率は0・25倍となった。8日は社会、数学、面接の試験がある。

このエントリーをはてなブックマークに追加