得意の後ろ回し蹴りに磨きをかけている野田聖人さん=佐賀市本庄町の古賀道場

 佐賀市本庄町の古賀道場で稽古に打ち込んでいる。昨年7月の全日本ジュニアテコンドー選手権大会は37キロ以下の部で優勝。右の後ろ回し蹴りが得意で、「練習した技が決まった時が楽しい」とはにかむ。

 小学5年の時の全国大会が忘れられない。それまで何度も負けていた因縁の相手と準々決勝でぶつかった。「ここで勝つために練習してきた」。だが結果は12点差の大敗。練習しても結果が出ないことがつらく、道場を辞めた。

 友達と遊んで過ごしていたが、テコンドーに熱中する弟は試合ごとに活躍した。「今までの頑張りが無駄になる。自分も勝ちたい」。心を決めると、迷いはすっかりなくなった。

 同じ道場には、リオデジャネイロ五輪に出場した濱田真由選手(22)がいる。「男子選手を相手に、いろんな技を決めてすごい。努力の量が明らかに違う」。「自分もいつかオリンピックに出たい。そのためにはみんなの倍以上練習しないと」。家での反復練習も欠かさず頑張っている。

このエントリーをはてなブックマークに追加