2023年佐賀国体の強化指定選手にも選ばれている堤琴音さん。「後半にどんどん伸びる走り」を目標に掲げている=白石町の須古小

 白石町の「須古かけっこクラブ」のメンバーで、県ナンバーワンの座を競う「学童オリンピック」陸上女子400メートルリレーで連覇を達成。個人100メートルでも準優勝を飾った。リレー連覇への思いは強かったが、「個人のほうはびっくり。前の年は決勝にも行けなかったから」と素直な思いを口にする。

 転機は昨年6月。地区予選で「負けたくないチームメートに負けた」といい、筋トレを始めた。好きだった甘い物や炭酸飲料も絶つと急激にタイムが伸びた。

 11月に佐賀市であったイベントでは、世界陸上100メートル障害日本代表の紫村仁美選手と一緒に走り、世界レベルの力を感じた。「腕の振り方やスタートの仕方を教わった。これでもっと速くなれる」。闘志の火はさらに勢いを増す。

 目標はリオ五輪銀メダリストのケンブリッジ飛鳥選手。五輪代表に選出される前から「後半にどんどん伸びる走り」に憧れていた。「東京大会も応援に行きたいし、自分もいつかは」と夢を抱く。

このエントリーをはてなブックマークに追加