青いたすきをつなぎながらリレーマラソンを楽しむ参加者たち=県総合運動場陸上競技場

 第4回セイカスポーツ杯佐賀リレーマラソン大会(佐賀新聞社など後援)が5日、佐賀市の県総合運動場であり、121チーム約千人のランナーがたすきをかけて42・195キロを継走した。

 小学4年生からお年寄りまで幅広い年代が一般、中学、高校など5部門に分かれ参加。1チーム5~10人で1周2キロのコースを21周した。

 県内トップアスリートのほか、SF映画やアニメのキャラクターなどに仮装してたすきをつなぐグループもあり、中継点の陸上競技場では大勢の参加者らがチームメートの力走に声援を送った。

 8チームで参加した「さが桜マラソン盛り上げ隊」の横尾愉美子さん(37)=佐賀市巨勢町=は「1人でランニングするのと違い、仲間と走れて楽しかった。また出場したい」と初めての大会を満喫していた。

 各部門の優勝チームは次の通り。

 一般の部 ランランラン佐賀▽中学生の部 小城中▽高校生の部 鳥栖高B▽お姫さまの部 朋ちゃんと愉快なお嬢たち▽MIXの部 武雄高チームN

このエントリーをはてなブックマークに追加