全国中学校体育大会ポスターの最優秀賞に選ばれた蒲原凛さんの作品

全国中学校体育大会のポスター最優秀賞を受賞した金泉中2年の蒲原凛さん

 佐賀など九州・沖縄8県で8月に開かれる全国中学校体育大会の佐賀県版ポスターデザインの最優秀賞に、金泉中2年の蒲原凛さん(14)=佐賀市久保泉町=が選ばれた。表彰式が3日、佐賀市のグランデはがくれであり、蒲原さんら入賞者に賞状などが贈られた。

 蒲原さんは金泉中の美術部に所属。作品は夏の青空を思わせる青を背景に、県総合体育館で開かれる剣道とバドミントンの選手のほか、バルーンやカササギも描いた。

 県実行委会長の渡瀬浩介県中体連会長から賞状を手渡された蒲原さんは「佐賀らしさを表現したかった。人物の服に影をつけるのが難しかったが、最優秀になってうれしい」と笑顔で語った。

 蒲原さんの作品はポスターのほか、剣道(8月18~20日)とバドミントン(8月22~25日)のプログラム表紙にも使われる。

 作品選考は県内の中学生を対象に募集し、他に5人が優秀作品に選ばれた。

 他の入賞者は次の通り。(敬称略)

 【優秀賞】横尾悠、島令奈、田中晴菜(以上、金泉中2年)東田麻未(諸富中2年)松永悠希(唐津五中1年)

このエントリーをはてなブックマークに追加