日本人にはカレー粉や紅茶が人気と話すチャンピカ・ダルマダーサさん(左)と夫のモハマド・リフキさん=佐賀市本庄町の「Saga Halal Food」

 佐賀市に移り住んで8年目。2013年に結婚し、1年前から本庄町でイスラム教の戒律に沿って処理した食品「ハラルフード」を売っています。

 故郷のスリランカはシンハラ人やタミル人など複数の民族が、仏教やイスラム教など異なる宗教を信じて暮らす国です。いろんな文化が感じられます。

 スリランカには知らない人にあいさつする文化はありませんが、佐賀の人は気さくに「こんにちは」と言ってくれてうれしいです。将来はレストランを開き、イスラム料理を味わってほしいと思っています。

このエントリーをはてなブックマークに追加