玄海町長の玄海原発再稼働同意を会見で批判した「原発なくそう!九州玄海訴訟」の長谷川照原告団長(右)=佐賀市

 「なぜ急ぐのか」「住民無視だ」-。東松浦郡玄海町の岸本英雄町長が7日に玄海原発3、4号機の再稼働に同意したことを受け、反対派の市民団体などは次々と抗議の声を上げた。

 「玄海原発プルサーマルと全基をみんなで止める裁判の会」の石丸初美代表らは、同意の一報を受けて急きょ役場を訪問し、撤回を求めた。「福島原発事故の教訓を踏みにじるな」「経済やエネルギーより命を優先すべき」などと記した抗議文を提出した。

 石丸代表は「住民は選挙で全てを白紙委任しているわけではない」と批判した上で、「知事は間違った判断をしないで」と求めた。

 「原発なくそう!九州玄海訴訟」の原告団と弁護団は「町長は再稼働ありきで判断している。周辺自治体も含めて住民の命や健康を軽視、無視する態度が甚だしい」との声明を出した。

 長谷川照原告団長は、県の「広く意見を聴く委員会」や県民説明会で再稼働を懸念する声が多い状況を示し、「安全かどうか判断する途中なのに同意するのは時期尚早。知事は選挙で訴えた『佐賀県のことは佐賀県で決める』という言葉の実行を」と注文した。

 専門家らでつくる「福岡核問題研究会」は同日、県に再稼働の問題点を指摘する文書を提出した。世話人の三好永作九州大学名誉教授(物理学)は「原子力規制委員会の新規制基準は世界から笑われるようなレベルで、日本の科学技術の劣化を物語る。安全性をないがしろにするのは許せない」と話した。

このエントリーをはてなブックマークに追加