■患者在宅時で実証実験 佐賀大学医学部と佐賀県内の8医療機関は1月から、ICT(情報通信)機器を活用し、慢性心不全患者の血圧や脈拍などを在宅のまま遠隔でチェックするシステムの実証実験を始める。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加