大筆で「飛翔」と記す書家の志岐陽華さん=佐賀市の佐賀城本丸歴史館

 正月の文化を楽しむイベントが佐賀市の佐賀城本丸歴史館で開かれている。書家の志岐陽華さん(神埼市)による大筆書きが2日にあり、勢いよく「飛翔」と書き上げると、約100人の見学者から歓声が上がった。

 志岐さんは大筆に墨を付けると、縦170センチ、横230センチの和紙に向かい、一気に筆を走らせた。「酉(とり)年にちなんで、夢に向かって大きく羽ばたけるように願いを込めた」と話した。

 2日は、書き初めやたこ作りもあった。

 本丸歴史館ではこのほかに、赤ちゃんを対象にした「ハイハイレース」(3日)や、武雄市在住の鷹匠、石橋美里さんによる実演(7日)もある。土日を中心に今月下旬まで邦楽や生け花、詩吟、舞踊などのイベントもある。

★電子新聞に動画 登録、即利用可、翌月末まで無料の電子版の申し込みはこちら

このエントリーをはてなブックマークに追加