カマス、タイラギのあぶり刺しとヒラメの薄造り

天山 大吟醸

 冬の季節を感じさせる旬のタイラギを使用。ヒラメとカマスは、旬としては終わりがけだが、脂がのっている。カマスは皮ごとあぶっているので、脂がにじみ出て、まったりとした食感が楽しめる。大吟醸がスッキリしていたので、あぶり刺しと脂がのった刺身を合わせた。

 お米は山形県の出羽燦々(でわさんさん)。スッキリとした味になるので、佐賀のお酒らしくないタイプ。爽やかな吟醸香の中に優しい味わいが楽しめる大吟醸。ラベルは県重要無形文化財の名尾和紙と書道家・山口芳水さんのコラボ。

=ひびのリニューアル記念=

このエントリーをはてなブックマークに追加