■既存の枠組み超え発想 幕府の鎖国政策と同様に、他藩との交流を閉ざす「二重鎖国」状態だった幕末の佐賀藩。そんな時代に藩は鉄道に興味を持った。 「藩という既存の枠組みを超えて線路を敷くという発想があっ…

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加