重粒子線がん治療のフォーラム出席で来佐した生命保険協会の若狭一郎副会長(62)。日本対がん協会理事も務め、病気の発症前にそれを予測し、予防的な治療で病気の発症を防ぐ「先制医療」に注目している。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加