ブランドづくりをテーマにしたセミナー(佐賀県主催)が24日午後2時から、佐賀市のホテルマリターレ創世で開かれる。県が昨年度から始めた「さが土産品開発支援推進事業」の中間報告があり、現代のニーズに合った商品開発のあり方を探る。入場無料。

 同事業は佐賀を代表する土産品を開発しようと、県内の菓子・工芸メーカー3社が昨年10月から1年間かけて取り組んでいる。

 セミナーでは、事業のコンサルタントを務める中川政七氏、クリエーティブディレクターの佐藤利樹氏、実施企業の肥前名尾和紙(佐賀市)の後継者、谷口弦氏が登壇。自社の強みを生かした販売戦略について語り合う。

 中川さんの支援で再生した大阪府のカーペットメーカー社長も講演。全国の家具店や雑貨店に販路を広げた秘けつを語る。

 推進事業に取り組む事業者も募集している。問い合わせは県経営支援課、電話0952(25)7095へ。

このエントリーをはてなブックマークに追加