西日本から北日本の広い範囲で7日から8日にかけ、黄砂が観測された。佐賀県では8日午後0時ごろ、水平方向に見通せる距離を示す「視程」が佐賀市で7キロまで低下した。気象庁は、見通しが悪くなることで交通機関などに影響が出る恐れもあるとして、注意を呼び掛けた。

 気象庁によると、視程は、熊本市では7日午前3時ごろや6時ごろに8キロへ低下、北海道函館市でも8日午前0時ごろに8キロとなった。

 視程は10キロ未満で風景がぼんやりとかすむようになり、5キロ未満で車や洗濯物への付着が目立つようになる。2キロ未満では航空機の離着陸などに影響が出る。

このエントリーをはてなブックマークに追加