19日から佐賀市で里帰りライブを行う中溝ひろみ

 東京を拠点に活動するジャズシンガー・中溝ひろみ(佐賀市出身)の里帰りライブが19日から、佐賀市内各地で開かれる。ニューヨークでも活動したジャズピアニスト・小森陽子や、附属小合唱部の児童との共演など多彩なシチュエーションで澄み通った歌声を響かせる。

 19日午後7時半からは、佐賀市のシネマテークでスタンダード曲「ウイスパー・ノット」「オーバー・ザ・レインボー」などを披露。米国でも評価された小森の旋律に歌声を乗せる。20日午前10時半からは、同市の佐賀城本丸歴史館で「鯱(しゃち)の門ふれあいコンサート」に出演。長崎県出身のジャズベーシスト・丹羽肇と「テネシーワルツ」「フライ・ミー・トゥー・ザ・ムーン」などを聴かせる。附属小合唱部との共演では「聖者の行進」ほかを歌う。

 中溝は東京学芸大音楽科で声楽を専攻。在学中に、ジャズギタリストの宮之上貴昭に見いだされプロデビューした。2008年、浅草ジャズコンテストで優勝。14年にはセカンドアルバム「BIRTH」を発表、15年はサントリーホール・ブルーローズで単独公演を行うなど、都内を中心に演奏活動を続ける。

 公演の問い合わせはチネチッタの中溝さん、電話090(6774)9167。

ライブ日程

 ◎19日午後7時半~・シネマテーク=佐賀市大財、2千円+1ドリンクオーダー

 ◎20日午前10時半~・佐賀城本丸歴史館=同市、入場無料

 ◎20日午後6時半~・トネリコカフェ=同市白山、2千円(1ドリンク付き)

 ◎21日午後1時半~・SLOW=同市富士町古湯、投げ銭+1ドリンクオーダー

このエントリーをはてなブックマークに追加