掘り起こしたレンコンを自慢げに掲げる子どもたち=江北町佐留志

 子どもたちのレンコン掘りの体験学習が25日、江北町の圃場(ほじょう)であった。江北小5年の約100人が、地域の若手生産者が作るレンコンを泥まみれになりながら掘り出し、なじみ深い野菜のでき方や農家の苦労を学んだ。

 レンコンの節は泥の中でつながっていることや、水圧で泥をどかしながら掘っていくこと、節以外の場所で折れると泥が穴に入り込み商品にならないことなど、生産者から注意事項を聞いた子どもたちは早速、泥の中へ。絶叫とともに泥の中に手を差し入れると、「あった」「ここにでっかいのがある」と次々に声を上げ、数人がかりで掘り起こしに挑んだ。

 坂井麻里愛さん(10)は「見つけても途中で折らずに掘り出すのが難しかった」。古舘宗也君(11)は「レンコンがこんな風にできているなんて知らなかった。農家の人たちの大変さが分かった」と泥だらけの笑顔を見せた。

 同町の若手農家からなる4Hクラブ「新経者クラブ」(谷口勝英代表)が毎年、江北小の子どもたちに農業体験の場を提供している一環。谷口代表は「子どもたちが地域の農業に関心をもってくれたら」と話していた。

このエントリーをはてなブックマークに追加