武雄市子育て総合支援センター開設10周年を記念して開かれた大豆生田啓友先生の特別講演会

 21日、武雄市子育て総合支援センター開設10周年を記念して「大豆生田(おおまめうだ)啓友(ひろとも)先生特別講演会」が行われた。大豆生田氏は玉川大学・大学院教授で、NHK・Eテレの番組「すくすく子育て」に出演している。会場には行政関係者、保育者、子育て支援者、子育て中の親など幅広い参加者が集まった。

 テーマは「子どもを物語る~子どもの魅力を分かち合おう!~」。大豆生田氏は子どもたちの保育の場面などを紹介しながら「子どもの非認知能力(意欲、自尊心、粘り強さ、コミュニケーション)を育てていくことがこれからの保育に求められていて、これはしっかり遊びこむことから育つ。周りの大人から『素敵だね』と認められて育つことが、自己肯定感を高める」と遊びの大切さを語った。また「子育て支援は親が笑顔になれる支援をしていくことが大切で、それが子どもの育ちにもとても大事」と述べた。

 もっともっと話を聞きたかった! 今日の学びを胸に「頑張ろう!」と思った。(中村由美子・佐賀女子短大非常勤講師)

 【写真】武雄市子育て総合支援センター開設10周年を記念して開かれた大豆生田啓友先生の特別講演会

このエントリーをはてなブックマークに追加