KARATSU 白い器展

七山歌謡まつり・池田輝郎歌謡ショー

【9日の催し】

 佐賀北高校書道科卒業記念展(12日まで、佐賀市日の出・佐賀市文化会館)

【巡回車】10日

 ◆胃がん・子宮がん・乳がん・大腸がん・肺がん検診 8時=佐賀市・県医師会メディカルセンター(予約制)

 ※検診についての問い合わせは各市町担当課へ。

【展覧会】

 ◆第27回佐賀北高芸術コース・美術科卒業制作展/第50回ペタ展

 (12日まで、佐賀市の県立博物館3階3号展示室・県立美術館2階画廊)佐賀北高芸術コースや美術部に所属する生徒による油画、日本画、デザイン、彫刻作品など。同校、電話0952(26)3211。

 ◆テーマ展「初代元茂の書状」

 (12日まで、小城市小城町の市立歴史資料館)2017年に小城鍋島家成立400年を迎えるにあたり、「小城鍋島400年」企画の第一幕として開催。同家の基礎を築いた初代元茂の書状を紹介する。京都宇治の茶道具商人に宛てたものや、祖父母を気遣った内容など、元茂の交友関係や人柄が伺える内容。電話0952(71)1132。

 ◆鍋島直正銅像完成記念特別展「直正と斉彬」

 (20日まで、佐賀市城内の県立佐賀城本丸歴史館)西洋の科学技術を積極的に導入し、鉄製大砲の鋳造、三重津海軍所で蒸気船「凌風丸」建造など、幕末をリードした佐賀藩。いとこ関係にあった10代藩主鍋島直正と薩摩藩主島津斉彬の交友、他藩に先駆けて近代化を成し遂げた両藩の科学技術について、当時の資料をもとに紹介。計49件117点。電話0952(41)7550。

 ◆人物画掛軸展

 (20日まで、鹿島市古枝の祐徳博物館)祐徳稲荷神社所蔵の掛け軸から、人物画だけ11幅を集めた展示会。谷文晁や狩野探幽、柴田是眞など。大人300円、大高生200円、小中生100円。電話0954(62)2151。

【イベント】

 ◆KARATSU 白い器展

 (11~20日、唐津市呉服町のギャラリー一番館)春に合う器を集めた企画展。中里隆、中里太亀、中里花子、梶原靖元、竹花正弘、矢野直人、坂田奈津美ら唐津焼の人気作家による粉引(こひき)、斑(まだら)、白磁の食器、酒器など200点。電話0955(73)0007。

【LIVE】

 ◆七山歌謡まつり・池田輝郎歌謡ショー

 (18日13時、唐津市七山公民館)伊万里市南波多町出身の演歌歌手で唐津市内でカラオケ教室を開く池田輝郎さん=写真=がメーンを務める歌謡イベント。第1部は「歌仲間カラオケ大会」、2部は池田さんが出演。2000円。益金の一部を熊本地震復興支援に贈る。電話090(3737)4959(阿部太さん)。

【告知板】

 ◆小城がんサロン「ひらまつ」

 (16日13時半~15時半、小城市小城町ひらまつ病院2階図書室)がん体験者同士でおしゃべりを楽しみませんか。がんの治療や再発の不安、生活上の悩みなどについて専門職が相談に応じる。予約不要。無料。申し込み・問い合わせはNPO法人クレブスサポート事務局、電話0952(23)8231。

 ◆旧高取邸・春の見学会

 (20日10時~11時半、13時半~15時、唐津市北城内の旧高取邸)国指定重要文化財の炭鉱主の邸宅を無料見学できる。唐津市内居住、勤務の高校生以上が対象。問い合わせは唐津市文化事業団、電話0955(75)0289。

 ◆高齢者・障がい者有料相談

 毎週木曜10~12時、佐賀市中の小路の県弁護士会内で。予約制で、相談料は30分で5000円。問い合わせは県弁護士会、電話0952(24)3411(平日9~12時、13~17時)。

 ◆法律相談センター電話相談

 県弁護士会所属の弁護士が電話相談を受け付ける。▽ナイター相談=毎週火曜17時半~19時半▽クイック相談=毎週土曜13~15時半、問い合わせは県弁護士会、電話0952(24)3411(平日9~12時、13~17時)。

【アバンセ情報】

 ◆性暴力被害者のための相談窓口「さがmirai」

 性暴力被害にあった女性の相談に応じる。女性の医療ソーシャルワーカーや相談員が話を聞く。無料。

 ▽性暴力救援センター・さが(さがmirai)=月~金曜9~17時(救急受診を除く)。電話0952(26)1750。

 ▽アバンセ女性総合相談=火~土曜9~21時。日曜・祝日9~16時半。電話0952(26)0018。

【感染症】

 (2月27日~3月5日)

 報告数の多い疾病は(1)インフルエンザ=793件(2)感染性胃腸炎=135件(3)A群溶血性レンサ球菌咽頭炎=40件(4)咽頭結膜熱=15件(5)水痘、突発性発しん=11件

 (数字は県内の指定届け出機関の患者数=県感染症情報センター調べ)

このエントリーをはてなブックマークに追加