ゼンリンが8日発表した2017年3月期連結決算は、純利益が52・9%増の24億円と3年連続の増益だった。売上高は5・2%増の578億円で2年連続の増収となった。主力の地図事業で、自治体からの受託による売り上げは減少したが、カーナビ用のデータ販売が好調だった。

このエントリーをはてなブックマークに追加