伊調馨選手

 昨年夏のリオデジャネイロ五輪・女子レスリングで個人種目史上初の4連覇を果たし、国民栄誉賞を受けた伊調馨選手(32)=ALSOK=を講師に迎えたレスリング教室が8、9の両日、鹿島市の鹿島実業高で開かれる。伊調選手が世界クラスの技術とメンタルに対する考え方を伝授し、県内レスリングの強化を図る。一般の見学もできる。

 教室は8日午後2時~4時と9日午前10時~午後0時で、県内のレスリング指導者や小中高生の選手約80人が参加。伊調選手から実技指導を受け、指導力と技術の向上を目指す。

 2023年の佐賀国体に向けた強化の一環として県レスリング協会が主催し、今回で2回目。前回は昨年7月、08年北京五輪・男子レスリング銅メダリストの湯元健一さんらを招いて開いた。

このエントリーをはてなブックマークに追加