バレーボール女子の世界クラブ選手権は9日、神戸総合運動公園体育館で開幕し、開催国代表の久光製薬は1―3でレクソナ(ブラジル)に敗れた。昨年のアジア・クラブ選手権を制して出場権を獲得したプレミアリーグ女王のNECは、ネスレ・オザスコ(ブラジル)に0―3で完敗した。

 ボレロ・チューリヒ(スイス)は3連覇を狙うエジザジュバシュ・イスタンブール(トルコ)にストレート勝ち。ワクフバンク・イスタンブール(トルコ)はディナモ・モスクワ(ロシア)に3―0で快勝した。

 大会は欧州、南米、アジア、開催国の代表4チームとワイルドカード4チームの計8チームが出場。

このエントリーをはてなブックマークに追加