元NHKアナウンサーで千葉県にある熊野神社宮司の宮田修さんを迎えての新春経済講演会が19日午後2時半から、鳥栖市のホテルビアントスで開かれる。テーマは「神道から学ぶ日本人としての生き方」。

 宮田さんは1995年1月17日早朝、阪神淡路大震災の発生直後から7時間以上、被害状況を伝え続けたことで知られるアナウンサーで、退職前の6年間はアナウンサーと宮司を兼職した。現在は全国各地を巡って講演活動中で、伝統的な価値観と人生観、戦後忘れてしまった「日本人の心」などを説いている。聴講無料。問い合わせは鳥栖商工会議所、電話0942(83)3121。

このエントリーをはてなブックマークに追加