福島璃久さん

大橋一心さん

■全国準Vの経験糧に

 昨年3月、第7回全日本少年春季軟式野球大会で全国準優勝に輝いた佐賀市の鍋島中野球部から、3年でエースの大橋一心さんが秀岳館高(熊本県)に、主砲の福島璃久さんが西日本短期大学附属高(福岡県)に進学します。開成小2年から一緒に野球を続けてきた2人が、甲子園出場を夢見て羽ばたきます。

 今週の子ども佐賀新聞(12日発行)は、2人に意気込みなどをインタビューして特集しています。

このエントリーをはてなブックマークに追加