26年W杯、アジアは出場8枠

 【マナマ共同】国際サッカー連盟(FIFA)は9日、バーレーンのマナマで理事会を開き、出場チーム数が現行の32から48に増える2026年ワールドカップ(W杯)の大陸別出場枠拡大案を承認した。アジアは現行の最大5から最大9に増える。

 現行でアジアの枠はアジア最終予選の上位4チームが本大会へ進み、5位は2大陸間のプレーオフに回る「4・5」。26年は二つの2大陸間プレーオフをなくし、欧州以外の5大陸連盟から各1と、開催国が属する大陸連盟からさらに1を加えた計6チームで2枠を争う大型のプレーオフを実施。アジアは8枠が確約され、予選9位がこのプレーオフに回る。

このエントリーをはてなブックマークに追加