玄海原発の再稼働などについて答弁する岸本英雄町長=東松浦郡玄海町議会

 東松浦郡玄海町の岸本英雄町長は9日の町議会一般質問で、再稼働容認の判断を下した町内に立地する九州電力玄海原発3、4号機について夏までの再稼働を期待する考えを示した。

 岸本町長は、九電の川内原発(鹿児島県)が原子炉設置変更許可から再稼働まで1年かかった先例を示し、「川内の経験を踏まえ、玄海は比較的早いのでは」と観測を述べた。具体的時期は見通せないとした上で、「電力需要が一番多い夏までの再稼働を期待したい」と九電の迅速な対応を求めた。

 7日に再稼働に同意した岸本町長は「玄海原発は管理面や地震、津波など自然災害に対する立地条件も含め、『日本で一番安全な原子力発電所』だと考えている」と強調した。住民の不安解消に向け、「『絶対』とはなかなか言いづらいが、それでは町民の安心感を与えることから遠のいていく。私なりの責任を持って安全安心なんだと断言していきたい」と語った。

 再稼働に反対する伊万里市の塚部芳和市長が「原発がなくても日本の経済はまわる」との発言について、議員が町長の認識を尋ねた。岸本町長は「火力が常にいろんな電力をカバーしてくれているわけではない。そこは斟酌(しんしゃく)し、考えた発言をしていただけるとありがたい」とけん制した。

このエントリーをはてなブックマークに追加